医師紹介

staff

医師のご紹介

塚本先生dr TSUKAMOTO

リウマチの医療はここ数年で非常に進歩し、関節エコー検査での早期診断、MTXや生物学的製剤での早期寛解導入ができるようになりました。しかし、それにも関わらずいまだにレントゲンがリウマチの診断に用いられており多くのリウマチが見逃されています。また、リウマチがしっかり治まっているかも関節エコー検査がないと分からないので、多くの方が不十分な治療で手指の変形が進行してしまっています。

猪塚先生dr IZUKA

リウマチの医療はここ数年で非常に進歩し、関節エコー検査での早期診断、MTXや生物学的製剤での早期寛解導入ができるようになりました。しかし、それにも関わらずいまだにレントゲンがリウマチの診断に用いられており多くのリウマチが見逃されています。また、リウマチがしっかり治まっているかも関節エコー検査がないと分からないので、多くの方が不十分な治療で手指の変形が進行してしまっています。

高井先生dr TAKAI

リウマチの医療はここ数年で非常に進歩し、関節エコー検査での早期診断、MTXや生物学的製剤での早期寛解導入ができるようになりました。しかし、それにも関わらずいまだにレントゲンがリウマチの診断に用いられており多くのリウマチが見逃されています。また、リウマチがしっかり治まっているかも関節エコー検査がないと分からないので、多くの方が不十分な治療で手指の変形が進行してしまっています。

大塚先生dr OTSUKA

リウマチの医療はここ数年で非常に進歩し、関節エコー検査での早期診断、MTXや生物学的製剤での早期寛解導入ができるようになりました。しかし、それにも関わらずいまだにレントゲンがリウマチの診断に用いられており多くのリウマチが見逃されています。また、リウマチがしっかり治まっているかも関節エコー検査がないと分からないので、多くの方が不十分な治療で手指の変形が進行してしまっています。